Story

「アナタノ眼球ヲ下サイ」

暗闇の中で瞬く閃光。その先にある少女の2つの瞳。
ドライバーが闇を切り裂き、何かを突き刺す。
返り血が少女の眼球に滴り落ちる……。

人間の眼球をテーマにした写真に固執する新進気鋭の女性カメラマン・城所麻耶は、今日も東京の街中を疾走し、見知らぬ通行人の眼球をゲリラ的に撮影していた。その撮り溜めた眼球写真を展示する個展「視叛」に、脳神経外科医でインディペンデントのドキュメンタリー映画監督でもある佐多邦夫が訪れる。

手足など喪失した肉体の感覚が元の場所にあるが如くに感じる症状「幻影肢 - phantom limb -」に関する映画を企画していた佐多は、自分の右目が義眼であると信じて疑わず「自分の眼球を探している」と口にする麻耶に幻影肢の症状を感じ、ドキュメンタリー映画の被写体としての興味を抱く。

ある日の夜、麻耶は片目が義眼の黒づくめの男に拉致され、冷たく無機質な部屋に監禁される。麻耶に辱めを与える男は、自らの義眼を麻耶の肉体に深々と差し込み、姿を消す。痙攣と恍惚が襲う中で、麻耶は男の部屋に冷凍保存された無数の眼球を見つけ、その中に自分が探し求めていた眼球を発見する。

佐多のもとを訪れた麻耶は、「レイプされた」と義眼男からの仕打ちを告白するも、佐多はそれを過去にまつわる精神的トラウマからくる幻影肢と結び付ける。それ以降、佐多は本格的に麻耶に密着したドキュメンタリー映画の製作を始動させる。撮影する側から撮影される側へ。内面をえぐり出すようにレンズを向けられた麻耶は、佐多から処方された治療用の合成麻薬を服用するとともに、現実と妄想の狭間を揺れ動き始める。

個展「視叛」に展示されている眼球の写真を購入したいという人物が現れた。その男は、あの片目が義眼の黒づくめの男にそっくりだった。麻耶は男の眼球の写真を撮ろうとするが、男はかけているサングラスを「自分の目」であると主張し、外そうとしない。そして意味深に「私を撮ることは、映り込んでいるあなた自身を撮ることになる!」と麻耶に告げる。

現像した写真には、男のサングラスに反射して映り込む麻耶自身の眼球がしっかりと刻印されていた。自らに幻影肢を起こすトラウマとは一体何なのか、その実像を掴めないまま、麻耶は切迫感を紛らわすように犯罪ギリギリの方法で眼球を撮り続ける。

ドキュメンタリー映画の撮影も終盤に差し掛かり、佐多はついに麻耶の精神的トラウマの原因に踏み込もうとする。トラウマが白日の下にさらされた麻耶は、過去に起きた忌まわしい記憶からの解放を願うかのように合成麻薬への依存度を高め、ついには佐多と肉体的関係を結ぶ。時を同じくして都心では鋭利な器具で両目がくり抜かれた惨殺死体が発見される…。