Introduction

悪夢か、淫夢か、現実か!?ここまで倫理観を破壊する映画が、かつて存在しただろうか――。ピンク四天王と呼ばれ、タガの外れた暴力とフェティシズム、鮮血と愛液の洪水をスクリーンに叩きつけてきた鬼才・佐藤寿保監督が、“眼球と幻肢”をテーマにした戦慄の日米合作映画『眼球の夢』を完成させた。

長編デビュー作『狂った触覚(激愛!ロリータ密猟)』(85)から一貫して“魔都”“浮遊”“純粋と狂気”“アウトサイダー”などのモチーフを執拗に描き続けてきた佐藤が、江戸川乱歩原作の『乱歩地獄/芋虫』(03)、谷崎潤一郎原作の『刺青 SI-SEI』(05)以来およそ十年ぶりにカルト脚本家・夢野史郎とのタッグで描き出すのは、初期作品からライフワークとして追い続ける“視線の暴力”。その根源である“眼球”を主題に産み落とされた本作は、観客の精神をも危険にさらす、ドグラ・マグラ真っ青の発狂必至のビザール・シネマだ!

少女と猟奇殺人鬼の血まみれの交流を描いた『秘蜜の花園(ロリータ・バイブ責め)』(87)、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督へリスペクトを込めた『オスティア~月蝕映画館~(狂った舞踏会)』(89)、川端康成の「眠れる美女」をモチーフに劇薬ハルシオンを巡る秘密組織の恐怖を綴った『視線上のアリア(浮気妻 恥辱責め)』(92)など、これまでも尋常ならざる映像群を生み出し続けてきた日本のブニュエル×ダリとも言える二人。そんな犯罪ギリギリの二本のアンテナが長い沈黙を経て対峙した先には、予測不能な官能の極北があった。ダリオ・アルジェントを超えるビジュアルショック!アレハンドロ・ホドロフスキーを超えるカルト感!『羊たちの沈黙』を超える殺人鬼の心理描写!『ネクロマンティック』を超える狂気!『カリガリ博士』の再来か!?これは人間の暴走だ―。観客の眼球から脳髄へ、ダイレクト淫靡に接続されるパノラマ奇譚、地獄絵図の決定版!佐藤寿保の美学が炸裂した、絶対に見逃せない問題作がいよいよ公開だ。

プロデューサーを務めたヴェレナ・パラヴェルとルーシァン・キャスティーヌ=テイラーは、人と自然の狂気を斬新な視点で撮影した海洋ドキュメント映画『リヴァイアサン』の監督として知られる一方で、ハーバード大学の感覚民族誌学研究所所属の人類学者という顔を持っている。日本のピンク映画の歴史をリサーチする中で出合った、佐藤の一連の作品にPTSD誘発レベルのハードなショックを受け、バタイユが記した禁断の書「眼球譚」もかすむ本作の企画に賛同。プロデューサーとして名を連ねると同時に、研究テーマでもある人類の両義性および多様性に迫る彼ら自身の新たな作品撮影を本作の現場で同時進行的に行うという、共犯関係を結んだ(年内完成予定)。
抉られる眼球、血を噴く眼窩など阿鼻叫喚の特殊造形を務めたのは『ライチ☆光クラブ』『20世紀少年』『告白』などを手掛けた百武朋。最大級のトラウマをプレゼントする。

今日未明、魔都TOKYO―。眼球を抉り取られた死体が発見された。
艶麗な女体、観察する脳外科医、忍び寄る盲人…。
淫靡で凄惨な、狩りの季節が始まった。

自分の片目は義眼であると言い、“生き別れた眼球”を探すため、カメラ片手に魔都TOKYOを彷徨う麻耶。高層ビル群が墓標のごとく立ち並び、夢とも現実ともつかない、不条理かつ淫靡なラビリンス。そこに現れるのは、浮遊するがごとく眼球を求め続ける麻耶の姿を記録する脳外科医と、麻耶の眼球を狙う黒ずくめの怪しい眼球コレクター。三人が一つの線として結ばれた時、血の惨劇が幕を開ける…。愛液と鮮血をまき散らしながら迷いもがく麻耶が、己の網膜に焼き付けたものとは一体何だったのか!?

猟奇×欠損×殺人×暴力×鮮血×切断×レイプ×レズビアン×エンドレス!目撃者すべての倫理観をぶち壊すラストを見逃すな。

精神崩壊をも辞さぬ体当たりの狂演でヒロイン・城所麻耶を体現したのは、ミュージカル界出身で映画初主演の万里紗。ボディラインを強調したセクシーなレザースーツを身に纏い、一眼レフカメラを片手に息を荒げながら眼球を激写する一方で、肉感的な裸体を惜しげもなく披露する。また麻耶のよき理解者であり、怪しい関係を匂わすゴス娘・紙谷リエを、佐藤寿保監督作『華魂』に主演した桜木梨奈が安定の存在感で務める。

さらに、麻耶に興味を持ち密着ドキュメンタリー映画を制作しようとする脳神経外科医・佐多邦夫を、映画・テレビ・舞台で名バイプレイヤーとして鳴らす中野剛が熱演。そのアシスタント・夏目祐一を演じるのは映画『恋の罪』(園子温監督作品)、『こっぱみじん』(田尻裕司監督作品)などで好演した若手俳優の小林竜樹。ロック界からは頭脳警察のPANTAが参戦し、黒ずくめの眼球コレクターという独特の存在感を示した怪演を披露する。